かぴばらさんの覚書ブログ (nonkapibara 自分メモ)

かぴばらさんの覚書ブログ (nonkapibara 自分メモ)

Unity勉強中です。 AR、VR、エンターテイメント全般、ワクワクする事が大好き♪♪ O(≧∇≦)O イエイ!!

【Blender】UV展開とベイクをしてからUnityへ取り込む

環境メモ

⭐️Mac OS Mojave バージョン10.14

⭐️Blender v2.79.6

⭐️Unity 2018.2.15f1

⭐️Mac Book

 

####準備#####

Inkscapeでキャラクターを描画して、png保存する

f:id:nonkapibara:20190209120238p:plain

 

Blenderpng画像の下絵を取り込む

【Blender】Blenderでpng画像の下絵を取り込む - Qiita

それから、Blenderで、3Dモデリングにする

f:id:nonkapibara:20190209120521p:plain

f:id:nonkapibara:20190209120655p:plain



####ここから、本題の作業へ入る!!!#####

 

1.対象のキャラクターを全て結合する

f:id:nonkapibara:20190209105132p:plain

f:id:nonkapibara:20190209105304p:plain

 

2.キャラクターを全選択する。

「レンダー」を選ぶ。

「Texture Atlas」を追加する

 

※Texture Atlasのアドオンが入っていない場合は、こちらを参照する。

【Blender】UV Texture Atlasを追加する - かぴばらさんの覚書ブログ (nonkapibara 自分メモ)

f:id:nonkapibara:20190209105506p:plain

3.Texture Atlasが追加できたら、「Auto Unwrap」(展開)ボタンを押す

f:id:nonkapibara:20190209105631p:plain

4.展開が終わったら「UV画像エディター」を開く

f:id:nonkapibara:20190209110102p:plain


5.先ほど展開したテクスチャを選択する

f:id:nonkapibara:20190209110315p:plain

 

6.キャラクターを全選択して「編集モード」にすると、展開ができている事が確認できる。

f:id:nonkapibara:20190209110448p:plain

 

7.「新規画像」で、画像を保存する

f:id:nonkapibara:20190209110617p:plain

f:id:nonkapibara:20190209110716p:plain

f:id:nonkapibara:20190209110741p:plain

 

10.「ノードエディター」を選択する

f:id:nonkapibara:20190209110827p:plain

 

11.キャラクターのマテリアルを、画像を追加していく

f:id:nonkapibara:20190209110923p:plain

12.「追加」ー「テクスチャ」ー「画像テクスチャ」

f:id:nonkapibara:20190209111023p:plain

13.先程、保存した画像を選択する

f:id:nonkapibara:20190209111125p:plain

f:id:nonkapibara:20190209111213p:plain

順番に、同じように、画像テクスチャーを追加していく

f:id:nonkapibara:20190209111303p:plain

 

16.ベイク処理に進む。

①レンダーを選択する。

②ベイクタイプを「ディフューズ」にする

③直接照明OFF ④間接照明OFF

⑤余白を小さくする

⑥ベイクボタンを押す

※Cyclesレンダーになっている事。

f:id:nonkapibara:20190209111541p:plain

f:id:nonkapibara:20190209111352p:plain

 

17. ベイクが終わったら「UV画像エディター」を開く

f:id:nonkapibara:20190209111924p:plain

18.画像を保存する(この画像がUnityへ取り込む際のマテリアル画像となる)

f:id:nonkapibara:20190209112003p:plain

 

19.マテリアルを、画像に差し替える。

カラーを画像テクスチャーにする

f:id:nonkapibara:20190209112110p:plain

f:id:nonkapibara:20190209112151p:plain

f:id:nonkapibara:20190209112242p:plain

f:id:nonkapibara:20190209112351p:plain

 

20.Blenderの設定を確定する

回転や拡大縮小を確定させる。

キャラクターを全選択した状態で

「オブジェクト」ー「展開」ー「回転」を選ぶ

f:id:nonkapibara:20190209112918p:plain

同じように、拡大縮小もする。

f:id:nonkapibara:20190209113122p:plain

f:id:nonkapibara:20190209113142p:plain

 

23.ここからUnityへ取り込む為のエクスポートをする

「ファイル」ー「エクスポート」ー「FBX」を選ぶ

f:id:nonkapibara:20190209112510p:plain

 

 

24.「メイン」タブから選択する

f:id:nonkapibara:20190209112600p:plain

 

25.エクスポートする

それをUnityで取り込む

f:id:nonkapibara:20190209113602p:plain

f:id:nonkapibara:20190209113717p:plain

 

26.マテリアルを作る

f:id:nonkapibara:20190209113834p:plain

f:id:nonkapibara:20190209114017p:plain

27.マテリアルに、Drag&Dropで画像を配置する

f:id:nonkapibara:20190209114253p:plain

 

28.Prefabにマテリアルを設定する。

f:id:nonkapibara:20190209114541p:plain

 

完成!!

f:id:nonkapibara:20190209120759p:plain